--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-01(Wed)

minamiはここにいます。

本当はたくさん書きたいことがあって

でも言葉がうまく見つからなくて
本当に書きたいことも考え過ぎてだんだんわからなくなってしまいそうで。



ただね。


御友達から気が付いたら今日きていたメール。読んでハッとしたの。


御友達が一人で泣いていた。

一人で苦しんでいた。


私なにやってたんだろう。
何やってんだろう。
自分に無茶苦茶腹が立った。
すぐメールすればよかった。
すぐ電話すればよかった。
すぐ逢いにいけばよかった。


今の私はあまりに情けなくて
何にもできなくて。
どうしようもないけど。


でも。minamiはここにいます。


あなたは一人ではありません。
どうせ泣くなら止まらない涙なら一緒に泣こう。

私はね。
何も変わらないように思えても
一人で泣くより誰かと一緒に泣くほうが
まだ幸せだって誰よりもきっと知っていると思っています。


今日見つけた言葉

気持ちがどうしても整理できないときどうしたらよいか・・・

「もしそれが何かのせいではなくて
 何かのためだったとしたら
 その理由が尊いものだと信じる」


「いくら諦めよって頭で言い聞かせても
 心が「好き」って感じちゃうのはどうしようもない」

私が今日必死に探した言葉のかけら



正直本当に悲しくて毎日泣いて
もう涙が出ないというぐらい泣いて
何も感じなくなったあの頃のように。

今は現実を受け止めようと必死だけど涙も出ないし、
自分の心もどこにあるのかわからない。


でもね。
先日学校の飲み会でやる心理ゲーム探してて
自分でいろいろ試してみたら

一つ目にやったゲーム
全く何がわかるのかもしらないままやった結果


私の今一番心にいる人
愛している人の名前と

その人への想いがはっきりと出ててびっくりして。


自分で見失っていたもの。


思い知らされて。



固まった。



実はね。
この一カ月24歳の男性二人に挟まれて毎日御勉強してました。
前にはA型だけど亀さんに似た感じの人。
後ろにはO型の仁に似た感じの人。

あくまで見た目ではなく雰囲気や言動が似ているってことなんだけど。
とにかく特に前の席の子にはたくさん話しかけられちょっかい出されで結構大変で。


今の気持ちからも正直かなりしんどかった。
でも少しでも何か今の自分が理解できることがないかと
私なりに一生懸命受け答えしてた。


まあ結果オバサンは大変疲れたよってのが結論なんだけど笑。
明日また席替え。
これで穏やかな授業に集中できる日常へと戻れるのだろうか・・・。


どんどん意味不明な内容になってますが。


正直これまでの行動から今日何かが起きることは予測してました。
もちろん詳細なんて全く知らなかったけど。
事務所のやり方はいつも一緒だから。

いいとか悪いとかではなくそうやり方のところなのだと思っています。

以前聖がマニュアルでファンのためなら死ねるって内容書いたことあったのよね。
そんな簡単に使っちゃいけないし、重い重いって自分でつっこんでいたけど。

私もKAT-TUNに六人に出逢って過ごしたこの六年は
一瞬一瞬がKAT-TUNのためなら、いや今なら死んでもいいそっちのほうが幸せかも

もちろん両親には悪いけどそれでもminamiは幸せな人生だったと胸張って言える

そう想い続けた時の積み重ねだった。


いいこともわることも
楽しみも苦しみも

六人と御友達と一緒だったから


私は
minamiは本当にどうしょうもないぐらい
自分で戸惑うぐらい
バカで病気なぐらい

中丸雄一さんを愛してきました


上田竜也さんを愛してきました


田中 聖さんを愛してきました


田口淳之介さんを愛してきました


赤西 仁さんを愛してきました


亀梨 和也さんを愛してきました


心から六人をKAT-TUNを
永遠に一ファンとしてでもいいからと

あれだけ
もう誰も信用できない
もう一生誰も愛せない
そう思っていた私が

やっと唯一見つけた最後の愛

それがKAT-TUNでした。

それがこの六年の私の全てでした。
良い悪いではなくきれいごとでもなく

これが本当に私の真実。


今日郵便局が閉まる30分前
仁の名前がKAT-TUNから消えた画面を見つめながら
今日までのファンクラブの更新悩んで


でない自分の気持ちのの結論に

切り捨てられないこの想いにもう一度だけとぎりぎり更新作業をしてきました。


私にとってのKAT-TUNはイコール ロクーン これはね。
理屈ではなく永遠に私の中で変わらないこと。
どんなに自分で努力しても変わらないの。

どんなことがあっても六人がいてくれたら
永遠を信じられた。
全てを乗り越えられた。
それ以外なにもいらないと思っていた。


もちろん今も六人に逢いたいし、それぞれの幸せを祈る気持ちには変わらないけど。

六人が生きる道が分かれたのなら私もそうなのかもしれないと・・・思うしか今は方法がない。


どんなに悲しくても悔しくても
何も心が動かなくても

太陽は昇るしお腹は減るし
私が死のうが学校を休もうが泣こうが
KAT-TUNの現実は何も変わらない。
私にとって六人は水や空気と同じなのに。


なんか不思議だよね。
あんなに全てだったものに逢えなくなるのに。


私が東京ドームコンから何よりショックだったのはね。
正直、どんなに遠くても双眼鏡ではっきり見えないぐらいでも
意識せずにすぐに当たり前のようにこの目に映った和也君の姿を

自分で見失ったこと

何度も何度も


怖いぐらいに。


あんなに愛していたのに全てだったのに
今の私には一生懸命頑張っている目の前の五人が
ちゃんと目に映らないみたいで

本当にごめんなさい。


今の私はあまりに弱すぎて
今日も落ちる一方の私を見かねて
学校の御友達が学校終わりに急きょつれ出してくれて。

でも今の私は誰も自分でさえも何もなすすべがなくて。

六人だって
ファンだって
御友達だって
それぞれの立場で
いろんな想いを抱えて



ごめんね。
今の私にできるのは
何もできない私に唯一今できることは


ここにいること


それだけ。
どうか一人で泣かないで。
あなたは一人ではない。
私がここにいる。

そうそれだけを今どうしてもあなたに伝えたくて。
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

昔のmy blog
プロフィール

minami

Author:minami
30代福岡在住のminamiです。
KAT-TUNとKAT-TUNを通して出会えたKAT-TUN友が私のかけがえのない愛のかたまりです。
是非コメント&上記直メールお気軽に下さいませ。

minamiへの直接メールはこちら☆

youのお名前:
メールアドレス:
タイトル:
メッセージ:

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
KAT-TUN’s Countdown☆







*script by KT*

エントリー
応援拍手で下記ボタンを押していただけるとうれしいです☆

ジャニーズブログランキング ジャニラブ ジャニーズ情報 ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ満載Blogger! 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KAT-TUN mono
和也君 mono
仁君 mono
じゅんの mono
リンク
yahoo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。